2005年12月23日

「真珠の耳飾の少女」

shinjyu.jpg「こころまで 描くの?」
この映画で最も印象に残った一言です。

フェルメールの作品 「真珠の耳飾の少女」 
通称、「青いターバンの少女」にまつわる物語の映画化なんですね。

この作品を見た後に、この絵をみると、なぜこの絵の少女が息づいているように見えるのかが分かるような気がします。

少女グリートを演じたスカーレット・ヨハンソンの中世的な透明感と、彼女がまとった使用人の衣装が醸し出す清楚な雰囲気も良かったのですが、映画全体の画像の雰囲気も、色彩と光の陰影がとても素晴らしく、シーンシーンが一つの絵画にさえ感じられる画面になっていました。

かといって、美術だけに気を使いすぎてバランスを欠いた作品になっていないところも好感がもてた所です。

私は絵画に詳しくは無いのですが、フェルメール作品の中で、遠近法と光と影を駆使した作品群は古さを全く感じさせなくて、その構図や色使い、緊張感のある空間と絵の中の人の表情のユニークさは、300年以上前の17世紀画家のものとは思えないほど透明感があります(と、言っても17世紀の絵画の傾向を知ってるわけではありません 笑)

sinjyu3.jpg「青いターバンの少女」、つまり「真珠の耳飾の少女」は、少女の上半身だけを描いたもので、背景は黒。純真さを感じさせる眼差しと、ルージュの色の発色なのか唇の本来の色なのか…潤んだ”赤い”唇、あどけない顔には不釣合いな真珠のピアス。そしてなぜか青と黄色の布をターバン状にまいた頭部。この組み合わせ、少女に対するフェルメールの想いがこめられているのでしょうね。

なんとなくアンバランスに見えるその風貌は、見ればみるほど他の作品に見られるような、少し引いた視点は感じられず、自分の想いにのめり込んでるような気がします。

少女の表情も、心を許したものだけに向けられる柔らかい表情に見えるから不思議ですね。
こちらをしっかりと見つめる目線から、自画像では?と推測する人もいるようですが、自分を見つめる目はこんな柔らかくはならないような気がします。


やはり、私は…
映画の中で少女グリートが言った問いに、

素直に

こころまで 描いていました。

と、いえる絵のような気がします。


映画は、グリードが使用人としてフェメールの家に勤めるところから始まります。
ストーリーの説明は公式HPなどに譲りますが( 書く時間が無いのが正直なところ 汗 )
スカーレット・ヨハンソン以外で、映画の中で存在感があったのは、画家のパトロンのファン
ライフェンを演じたトム・ウィルキンソンと、一家を支えるためにフェルメール(コリン・ファース)と彼の妻カタリーナ(エッシィ・デイビス)を上手にコントロールする、妻の母マーリアを演じたジュディ・パーフィット、それにグリードの恋人ピーターことキリアン・マーフー

この映画、できれば予備知識をしっかり持ってみたほうが楽しめると思います。
予備知識でできたイメージを映画で確認する。そんな見方をしたほうが楽しめそうですよ。

Johannes Vermeer 1632-1675に関するHP


posted by J.T. at 22:11| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(2) | 鑑賞した映画2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜。そしてメリークリスマス♪

この映画、なかなか見れないで居るのですが・・いい映画のようですね。
絵に関して知識がないせいもあるのですが・・

一枚の絵からこのような映画が生まれるって面白いです。
予備知識があったほうがいいですか、フムフム。
「ダ・ヴィンチ・コード」もそうですが、知っていたほうが面白みが増しそうですね。

Posted by ぷちてん at 2005年12月25日 00:14
ぷちてんさん。

私も絵の知識はありませんが、
絵は、ただ「絵」があるだけで
その絵を見てるだけでは
映画のようにストーリーも、背景も分からないですものね。
そういう意味では、
イマジネーションを膨らませてくれた映画ですよ。

とても静かな映画で、
眠くなる人もいるかも知れませんが、
ハリウッド映画漬けの私には、
清涼飲料水のような映画でした(笑)

それでは、よいクリスマスを!
Posted by J.T. at 2005年12月25日 10:07
トライバック 有難うございます〜〜〜〜〜(>▽<)きゃー♪

何だか 初めての事で(知らない方がしてくれたのが) ど「興奮」で 鼻血ぶ〜〜です!(笑)

σ(o^_^o)は こんな 素敵なブログじゃないし 映画も好きだけど たいして本数観てないので **(/▽/)**ハズカシ

良かったですよね〜〜「真珠の耳飾の少女」 
わ〜〜 公開映画も沢山観ているんですね (⌒-⌒)ニコニコ... 私も 『mr.&mrs.smith』 めっちゃ 観たい〜〜〜〜 感想など 参考にさせて 頂きますy(^ー^)yピース!
(。-_-)ノ☆・゜::゜ヨロシク♪
Posted by はるちゃん at 2005年12月25日 10:38
はるちゃん さん。

コメントありがとう〜
こちらこそヨロシクです。

「真珠の耳飾の少女」良かったですね。
スカーレット・ヨハンソンがとても抑えた演技をしてましたけど、
だからこそ時々見せる笑顔がとっても輝いて見えたのかもしれませんね。

最近出演したアイランドでうけた印象とは全く違いました。
いい女優になるかも知れませんよ。

彼女の作品で、気になるのが「理想の女(ひと)(2004)」
はやくみたいんですけどね。
Posted by J.T. at 2005年12月25日 11:31
はじめまして〜、こんばんは☆

遅くなりましたが、先日こちらにTBさせていただきました〜
そしてTB返しいただきましてありがとうございます♪
Posted by ヨッシー at 2006年01月18日 22:34
ヨッシーさん。

こちらこそTBありがとうございました。
なかなか更新できませんが、
ヨロシクお願いします。
Posted by J.T. at 2006年01月19日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「真珠の耳飾りの少女」 1枚の絵があれば、1本の名作はできあがる。
Excerpt: ☆☆☆ たった1枚の絵画から発想された物語。画家とモデルの許されぬ恋物語、といえばたいした想像力もいらないだろうと思われるかもしれないが、どうしてどうして奥は深い。光と影の産物であるフェルメールの絵に..
Weblog: アタマにシャンプー、ココロにシネマ。
Tracked: 2005-12-25 18:46

「真珠の耳飾の少女」
Excerpt: 真珠の耳飾りの少女 通常版 出版社/メーカー: メディアファクトリー 発売日: 2005/01/14 メディア: DVD 朝、うたの夜泣きのおかげで寝不足だったのでダンナを見送った後に「..
Weblog: そして今夜も眠れない
Tracked: 2006-01-16 23:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。