2006年02月05日

ミュンヘン

Munich.jpgテーマはとってもシリアスなのだけど、映画全体は思ったほど重たくは無かったというのが第1印象です。

スピルバーグは色んなジャンルの作品を生み出していますが、この作品は、シンドラーのリスト(1993) 、プライベート・ライアン(1998)の流れを汲む感じでしょうか。

ただ、今回の作品は、とてもバランスがとれてたように思います。テロの応酬、工作員の信念、任務を遂行しながら変わって行く心理、情報源との駆引き、仲間との関係、家族との絆、国家との関わり。

色んな事が盛り込まれてるにも関わらずストーリーがうるさく感じられませんでした。きっと、シリアスなテーマといえども、そのスピード感と映画としてのエンターテインメント性(見せる力って言った方がいいのかな)で、ストーリーが、観る側の心の中にどんどん入って来るんだと思います。

主役にエリック・バナをキャスティングしたのは大正解のような気がしました。トロイのときは質実剛健な役にしては、ちょっと存在感が足りないと思いましたが、今回は、そんな彼のちょっと哀愁の漂う(?)雰囲気が暗殺チームのリーダーにとてもマッチしていました。

また、脇役も良かったです。
新しいジェームズボンドに選ばれたダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、ハンス・ジェスラーもチームのメンバーとしてそれぞれの個性を見事に演じていました。

そして、ジェフリー・ラッシュ

オスカーの主演男優賞を取っているのでその知名度は言うに及ばずですが、最近では、パイレーツ・オブ・カリビアンのキャプテン・バルボッサ役としての印象が強いですね。あの時はジョニー・デップとともに主役級の活躍をしてました。今回は、イスラエルの国家側としてエリック・バナと絡んでいます。出番は、そう多くはありませんが、彼が出てくるとなぜか映画にリアリティと重みが感じられるから不思議です。

ミュンヘンオリンピックの時のテロが、歴史的にどんな位置づけになるのかは、私には分かりません。ただ、テロの時代に突入してしまった”今”、この映画が語ってる要素のひとつひとつが人ごとのように感じられなかったのは確かです。

上映時間 164 分でしたが、長くは感じませんでした。

ミュンヘン
posted by J.T. at 22:02| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(15) | 鑑賞した映画2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
TBありがとうございました。
私も164分を長いとは感じませんでした。
それはスピルバーグの手腕によるものでしょうね〜。
エリック・バナをはじめ、ちょっと地味めな俳優さんたちを起用したのが効いていました。
Posted by ミチ at 2006年02月05日 23:11
(^o^)コ(^-^)ン(^0^)バ(^-^)ン(^0^)ハ

「ミュンヘン」を 観たのですね^^

ノミネートされている事だし 必見ですね。

私は「フライトプラン」を 観てきましたよん^^ ちょっと 期待しすぎちゃったんぁ(⌒▽⌒)アハハ!
Posted by はるちゃん at 2006年02月05日 23:15
ミチさん。

こんばんはー
そうですね。キャスティングがとっても良かったと思います。
それに、ほんと作り方が上手かった。
エンタメ性を保ちながら色々考えさせるのって難しいと思うんですが、
この作品ならオスカーにノミネートされたの納得できます。
Posted by J.T. at 2006年02月05日 23:23
はるちゃん さん。

おー、フライトプラン見たんですね。
私はまだ観てませんが、落ちがキモの作品かなぁなんて勝手に思ってます。

え?
期待しすぎでしたか〜
うん、あの予告編なら絶対見たいと思いますよ。
そして驚くような結末も期待しそうですもんね。
なんかそういわれると、よけい見てみたくなるような(笑)
Posted by J.T. at 2006年02月05日 23:29
スピルバーグの作り方ってやっぱりすごいですね。
ほんと一歩間違えれば、というか、型どおりだと重いはずなんですけど、テンポや見せ方でこんなりすんなり入ってくるとは。
観て良かったと思えた映画でした^^
Posted by maki-p at 2006年02月06日 01:41
maki-p さん。

ほんと、意外でした〜
そうなんです、あのテンポが良かったですよね。
時間が前後したりするんですがそれも分かりやすかったし・・・


エリック・バナはこういったキャラが良いかもしれません。

ジェフリー・ラッシュの存在感も大きかったです。

私も、色んな意味で見てよかった映画だと思います(^-^)
Posted by J.T. at 2006年02月06日 01:53
こんばんは〜。見てきました〜♪

本当に、見せ方がうまいというか、時間を感じさせませんでしたよね。
あ・・でも、この報復はいつまで続くんだという気持ちになっていきましたけど・・

エリック・バナ、良かったですね。
リーダーといってもリーダーらしくない所とか。
ジェフリー・ラッシュも良かったのですが、やっぱり「パパ」が、謎めいていて面白かったです。

スピルバーグ監督、身の安全は大丈夫かなってちょっと思っちゃったんですけどね。
今後も、活躍して欲しいですから・・・
Posted by ぷちてん at 2006年02月07日 20:13
ぷちてんさん。

こんばんはー
ミュンヘン見てきたんですね。
ほんと、思ってた感じとは違って
バランスの良い作品に仕上がっていました。

うん、気になる「パパ」がいましたね。
あのファミリーにも何かありそうですが・・・

この作品や、
ロード・オブ・ウォーやダビンチ・コードなどの作品は、
ダメージを受けるところもあるのでしょうから、
キャスト・スタッフとも確かに心配です。

Posted by J.T. at 2006年02月08日 00:29
こんばんは!もうご覧になったのですね。
私も映画館へみにいこうと思います。
シンドラーのリストは好きですが・・
あまり他のスピルバーグは好みじゃなかったのですが・・コメントを拝見してみにいきたくなりました!!
Posted by masami at 2006年02月09日 17:26
masamiさん。

こんばんはー
今回の作品、スピルバーグの独特の思い入れを感じることも無く、
すんなりと入り込める作品でしたよ。

164分ですからテーマを詰め込みすぎたきらいはあるけど、

DVDが出たら、もう一度みて、
ひとつひとつのテーマを考えながらじっくりみてみたいなぁと思ってます。

是非映画館でみてくださね〜
Posted by J.T. at 2006年02月09日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「ミュンヘン」
Excerpt: 映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がない..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-02-05 23:07

映画「ミュンヘン」スティーブン・スピルバーグ/監督
Excerpt:  映画『ミュンヘン』観てきました。  午前中に歯医者に行き、会社で少々仕事をした後。  ストーリーですが、ミュンヘンオリンピックでイスラエル選手団がパレスチナゲリラにより殺害され、その報復のためイ..
Weblog: スチャラカランナーの日々
Tracked: 2006-02-05 23:55

映画館「ミュンヘン」
Excerpt: 1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-02-06 00:04

映画 『Munich』
Excerpt:  映画『Munich』(ミュンヘン)を観ました。かなり前に観ていたんですが、日記に書くの忘れていました^^; アカデミー賞のノミネート見て思い出した次第です(笑)  深い映画ですね。史実に基づいた..
Weblog: :::Life with Film 映画な毎日:::
Tracked: 2006-02-06 01:42

ミュンヘン
Excerpt: 事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-02-07 17:35

映画のご紹介(92) ミュンヘン
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-02-08 21:58

ミュンヘン
Excerpt: 報復が齎す孤独と苦悩
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-02-09 01:25

ミュンヘン
Excerpt: ミュンヘン(オフィシャルサイト) 1972年、ミュンヘン・オリンピック開催中に発生した パレスチナゲリラ “ブラック・セプテンバー”による イスラエル選手団襲撃事件。 アスリート11名の尊..
Weblog: 夢見る小悪魔
Tracked: 2006-02-10 09:55

映画「ミュンヘン」を観て来ました 
Excerpt: 映画「ミュンヘン」を観て来ました。 スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、事件に関わった人々のコメントや、史実に基づいて映画化した..
Weblog: ブツヨク人 〜 GOのハッピー?!ライフ ブログ 〜
Tracked: 2006-02-13 22:41

映画『ミュンヘン』は、『SAYURI』にも匹敵する一大国際プロジェクトでした。
Excerpt:  エリック・バナ(もしくはダニエル・クレイグ)が、考え込んでしまっているかように、がっくり肩を落として座っているシルエット。  映画『ミュンヘン』の予告編から事前に私が得たイメージ映像はこれだけでし..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-02-14 15:10

映画「ミュンヘン」
Excerpt: この映画の背景を知るには、パレスチナとイスラエルの歴史、ならびに(この映画には
Weblog: いもロックフェスティバル
Tracked: 2006-02-26 17:36

■〔映画鑑賞メモVol.9〕『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)
Excerpt: ??「第20回冬季トリノ五輪開催記念」(^^)あれこれ―その2:ああ、ミュン篇(^^) →その1:ああ、トリノ五輪篇??僕のメダル獲得予想は「金3、銀3、銅4」は、こちら! →その3:ああ..
Weblog: 太陽がくれた季節
Tracked: 2006-03-01 00:24

ミュンヘン
Excerpt: 1972年9月6日ミュンヘン五輪でのパレスチナによるイスラエル選手団襲撃とその後
Weblog: とっさの絵日記
Tracked: 2006-03-03 16:10

ミュンヘン
Excerpt:  ミュンヘン事件そのものではなく、"その後のミュンヘン事件"を扱った作品。  パレスチナへの報復として、素人であるにもかかわらず刺客として抜
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-03-11 17:55

社会派超大作「ミュンヘン」見てきました
Excerpt:  30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-03-12 15:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。