2006年03月07日

ホフマン、リース、オスカーおめでとう。

RW.jpgPSH.jpg

アカデミー賞授賞式。やりました。なんと言っても水瓶座P.S.ホフマン。応援してた俳優がオスカーに選ばれた気分は最高です。そして、水瓶座リース・ウィザースプーン。選ばれる価値ある演技でしたね。水瓶座アン・リーが監督賞に選ばれた時は順当にブロークバック・マウンテンが作品賞かと思いましたが・・・

crash.jpgまさにどんでん返しとも言うべき水瓶座クラッシュが作品賞。関係者の歓声は凄かったです。きっと取れないと思ってたんでしょうね。奇声が上がり、大騒ぎで抱き合うシーンは感動ものでした。

今日は、朝からオスカーの情報をシャットダウンして、21時からの受賞式の中継録画(3時間)をLIVE感覚でドキドキしながら見ることができました。毎年中継録画を見る前に結果がわかってしまうので、ラッキーでした(笑)

音響、映像系の賞がキング・コングとSAYURIに偏ったりしましたが、自分の予測と比較しながらワクワクして楽しみました(笑)、授賞式通しての演出、司会のジョン・スチュワートも面白かったですしね。
とりあえず、速報感想です
週末にでも反省会をします(笑)希望的予測はあまり当たりませんでしたが(汗)

・・・写真は、順に「リース・ウィザースプーン」「フィリップ・シーモア・ホフマン」「Crash受賞直後のポール・ハギス監督と(たぶん)ジェニファー・エスポジート」WOWOWのTV中継録画を撮影させて頂いたものです・・・

全体の受賞は以下のHPで・・・

アカデミー賞(yahoo)
アカデミー賞(公式HP)
アカデミー賞(FLIX)
アカデミー賞(wowow)
posted by J.T. at 01:46| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(1) | 映画トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう JTさん。

主演男優・女優が ビンゴ!でしたね 凄い〜〜〜パチ☆\\ ̄ー ̄)( ̄ー ̄//☆パチ

「クラッシュ」は 観にいったのですよね? 真の映画好きだ(笑)

恥ずかしながら P.S.ホフマンは 知らないのです~(=^‥^A アセアセ・・・

リース・ウィザースプーンは 金髪で差別?される 女弁護士役の映画を 観たことがあるけど 日本で言うと 濱田マリって感じ?(笑)

シャリーズ・セロン どんな服着てたのぉぉ? 「スクリーン」買うから(笑)観れるっちゃ 観れるけど 笑ったり 話している 生の 彼女を ブラウン管で 観たかったなぁ^^

録画してたら 貸して〜〜〜(笑)
Posted by はるちゃん at 2006年03月07日 07:46
おはようございます・・
ふむふむ・・と拝見しました、私は最近の映画情報にうといものですから、J.T.さんのアカデミー賞予想&結果報告、ともに
すごく参考になります。

そして積み上げてきた役者が開花!
素敵です。まだみていないんですが
「ミュンヘン」がとるものだと・・勝手に思ってましたから。

ああ、映画みにいきたくなっちゃった。
Posted by masami at 2006年03月07日 08:40
今年のアカデミーは久々の大ドンデン返しでしたね☆
監督賞と作品賞はセットのイメージが強かったので
(あぁ、『ブロークバック』で決まりだな)と思ったのに
蓋を開ければ『クラッシュ』受賞(゚Д゚ノ)ノ

上映期間の延期が見込めそうなら観に行ってみようかなぁ
Posted by お嬢 at 2006年03月07日 10:20
はるちゃん さん。

ビンゴ〜 もありましたが、スカもたくさん(笑)
でも、予測する過程が楽しいので気にはなりませんが・・・
(え・・・あぁ〜 はい、ほんとうは当たるとうれしかったです 笑)

はい、「クラッシュ」はちゃーんと見てますよー
私が観に行ったころは、友人に「クラッシュ?」って言われましたが、オスカーを取って認知度が上がれば上映するところも増えるかもしれませんね。

最近の高画質の映像のおかげでドレスアップされた女優さんたちは、肌のキメ・ドレスの素材感までわかりました。シャーリーズ・セロンもほんと綺麗でしたよ。

番組は、ちゃーんと録画してあります。
どこでもドアでもあればお貸しできるんですけどね(爆)
Posted by at 2006年03月07日 23:06
こんにちわ!
ジョン・スチュワートは結構よかったですね。前回のクリス・ロックはX、なじみのビリー・クリスタルなんかと比べるとフレッシュな感じがしてなかなかでした。
ホフマンファンとしてはやはり受賞は嬉しいですよね。(勝手にJTさんもホフマンファンと決めつけています)
さぁ、来年に向かってどんな秀作が今年も出てくるかが楽しみです。
Posted by claudiacardinare at 2006年03月07日 23:59
masami さん。

つたない、予想&結果速報 読んでいただいてありがとうございます♪
アカデミー賞も視聴率が年々下がってるそうですが、
私は自分で楽しくないと思わない限りずっと見続けて行こうと思ってます。

楽しみはたくさんあります。

歌曲賞のパフォーマンス・・・クラッシュの “In the Deep” の時はクライマックスシーンをスローモーションで演ずる舞台の中で候補曲を歌う場面がありました。映画シーンに迷い込んだ感じでしたよ。


工夫を凝らしたプレゼンター達

成し遂げたものだからこそ説得力をもつ感銘を与えてくれることば・・・アカデミー会長は、グレゴリー・ペックが、「我々は物語のセールスマンである」と言ってたこと紹介してくれました。
また、脚本賞を取ったポール・ハギスは、ブレヒトの言葉として「芸術は鏡ではない 社会を形作るハンマーだ」という言葉をスピーチの中で披露してくれました。
アメリカの内在する問題をテーマにした”クラッシュ”の監督&脚本家であるからこそ、たんなる社会主義者の言葉ではなく、映画に注ぐ情熱として伝わる言葉なんですね。

また、ジョージ・クルーニーだったでしょうか、ちょっとド忘れましたが、映画は、エイズやゲイ、マイノリティーの問題など、その時まだ一般の人にはあまり認知されていない問題を広く知ってもらうものでもあるということも言ってました。

もちろん、女優さんのファッションや受賞者の歓喜のシーン、ユーモアたっぷりの司会からも目が離せません。

そして、何にもまして応援する俳優の受賞!をTVの前で拍手すること
masamiさんが、おっしゃるとおり”積み上げてきた役者が開花!”してくれたシーンに感銘です。

俳優は素敵な職業です。

繰り返しますが、
「我々は物語のセールスマンである」
というグレゴリー・ペックの言葉、とても気に入りました。
Posted by J.T. at 2006年03月08日 00:15
お嬢 さん。

”(あぁ、『ブロークバック』で決まりだな)と思ったのに
蓋を開ければ『クラッシュ』受賞(゚Д゚ノ)ノ”

ほんと、このどんでん返しには、
思わずTVの前で「オーーー」っと奇声を上げてしましました(笑)

予想通りすんなり行ってしまわないともろも受賞式の楽しみですね。
(ブロークバック・マウンテンのファンの方すみません 汗)

そうそう、それに 私も見てない作品はもちろんすでに見た映画でも、
もう一度みてみたくなりましたよーほんと。

クラッシュ観られるといいですね♪
Posted by J.T. at 2006年03月08日 00:25
claudiacardinare さん。

”ジョン・スチュワートは結構よかったですね”
そうそう、面白かった(笑)
ジョン・スチュワートが登場するまでのオープニングのショート・フィルム的な出だしも・・・なかなかコミカルで楽しかったです♪


はい!
ホフマンのファンと決めつけてください。 ファンですからー(笑)
正直いって、スタンディングオベーションしてました。ハハ。

ほんと、来年も楽しみです。
これでやっと年が明けた感じ(大げさな 笑)
なかなか劇場に足を運べないんですが、なんだーこの映画はーとか、うんうんと納得したり、自分なりに勝手に解釈して自己満足してみたり、楽しみはつきませんからね。
Posted by J.T. at 2006年03月08日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14336652
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

第78回アカデミー賞
Excerpt: 年に一度、この時期になるとドキドキソワソワいつも落ち着きないやろ・・・某局勤務時は、WOWWOWにチャンネルをあわせ映画好きな社員の方々と日がな一日、受賞式に釘付けだった。みなさん仕事は?現在の局では..
Weblog: 夢見る小悪魔
Tracked: 2006-03-07 09:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。