2006年04月02日

ナイト・ウォッチ【NIGHT WATCH】

○ナイト・ウォッチ【NIGHT WATCH/NOCHNOY DOZOR】
○2004ロシア/115min/FOX/公開2006/04/01
○ファンタジー/サスペンス/ホラー
○personal preference■■■□□□
nightwatch.jpgイントロダクション
激しく争っていた光と闇の勢力が、1000年前に休戦協定を結び、お互いを監視することに。闇を監視する光側の監視人がNIGHT WATCH[闇を監視するという意味、逆に闇側の監視人はDAY WATCH]
ずっと均衡が保たれていたが、現代のロシアで力の均衡を破る出来事が起こる。ロシアのダーク・ファンタジー。3部作の1作目で、お膝元のロシアでは2作目も公開(3部作すべて映画化されるらしい)。14歳から25歳の若者を中心に爆発的な人気を博したようで、タランティーノ監督も絶賛とか・・・FOXのキャッチは、「世界中のトップ・クリエーターが嫉妬した脅威の映像・・・」

ちょっとマニアックな予感はしましたが、ここまで、言われたら・・・ということで、ファースト・ディに観てきました。

ひとことで言うと、とてもヒューマンな作品
ファンタジーとしての背景や特撮に力を入れてはいますが、光や闇を象徴するメタファーは特に真新しいものでもないし、特撮もハリウッド映画のいい所をコラージュしたような感じで、力より心の戦いの要素が強い作品になってると思いました。

ハリウッド映画的なテンポの良さはあるものの、ある意味ヒーローの演技、音楽がちょっとスマートじゃなかったりして、微妙なところもあります。
この映画のティムール・ベクマンベトフ監督は、”この映画で言う光と闇は「光=善、闇=悪」という子供じみた単純な発想ではなく、「光=義務、闇=自由」”と考えたとのこと。
現代のロシアの若者の間で人気を博した訳はこのあたりにあるのでしょうか。
自由とそれに伴う義務がアンバランスであれば、それは正しい義務ではなく、偽善的な押付け になることを本能的に察知し、心の中の何かを呼び覚ましてるのかもしれません。この映画の内容の骨格を成しているものをひとつ挙げろと言われれば偽善というキーワードなのでしょう。

ちょっと癖はありますが、エンターテイメントの形をとりながら社会派的なヒューマン映画として観ると本当のよさがわかるのかもしれません。


スタッフ&キャスト

監督: ティムール・ベクマンベトフ
製作: コンスタンティン・エルンスト
アナトリー・マキシモフ
原作: セルゲイ・ルキヤネンコ
脚本: ティムール・ベクマンベトフ
レータ・カログリディス
撮影: セルゲイ・トロフィモフ
美術: ワレーリー・ヴィクトロフ
編集: ドミトリー・キセレフ
音楽: ユーリ・ポテイェンコ
 
出演: コンスタンチン・ハベンスキー【アントン・ゴロデツキー】
ウラジーミル・メニショフ【ボリス・ゲッサー】
マリア・ポロシナ【スヴェトラーナ・ナザロワ】
ガリーナ・チューニナ【オリガ】
ヴィクトル・ヴェルズビツキー【ザヴロン】
マリア・ミロノーワ【イリーナ】
イリア・ラグテンコ【アンドレイ】
ジャンナ・フリスケ【アリス】
ディマ・マルティノフ【イゴール】


posted by J.T. at 11:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(16) | 鑑賞した映画2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR」ティムール・ベクマンベトフ/監督
Excerpt:  映画「ナイト・ウォッチНОЧНОЙ ДОЗОР」オフィシャルサイトレイトショーで観てきました。今日は仕事を早めに上がり、レイトショーに何とか間に合いました。  ストーリーは、光と闇とに分かれて戦う..
Weblog: スチャラカランナーの日々
Tracked: 2006-04-04 08:45

ナイト・ウォッチ / NOCHNOI DOZOR
Excerpt: 『「ロード・オブ・ザ・リング」と 「マトリックス」には真の後継者がいる、、、。 驚くべきパワーを持った映画だ。』と、 「トレインスポッティング」の監督、ダニーボイルに言わしめたロシア映画、 いよいよ日..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-04-04 10:11

映画館「ナイト・ウォッチ」
Excerpt: ロシア発の作品ってことで、チョットかなり楽しみにしていました!そういえば、ロシア映画って観たこと無いかも。ソ連時代の作品だったら少し観たことあるけど??。 闇vs光ってことで、なかなかいい題材な..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-04-05 18:49

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  映像革命とは言いがたい  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-04-05 22:45

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR(映画館)
Excerpt: CAST:コンスタンチン・ハベンスキー/ウラジーミル・メニショフ/マリア・ポロシナ/ガリーナ・チューニナ/ヴィクトル・ヴェルズビツキー 他 ■ロシア産 115分 この映画ジャンルは何になるんでしょう..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-04-09 15:38

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR・・・・・評価額600円
Excerpt: MTV育ちで、カッコいい映像を作る事にしか興味が無い人が映画を作るとこうなる。 「ロシア版マトリックス」、「全米大ヒット」などコピーは凄いけど、中身は全く新味の無いB級映画だ。
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-04-10 12:46

どこら辺がマトリックスを超えたの?「ナイト・ウォッチ」
Excerpt: 結構楽しみにしていたんだよな~...この映画。 .........輦 「マトリックスを引き合いに出すくらいなんだから、 面白いに違いない&#63913..
Weblog: この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!
Tracked: 2006-04-11 10:34

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
Excerpt: 公開:2006/04/01(2006.4.1鑑賞)監督:ティムール・ベクマンベトフ原作:セルゲイ・ルキヤネンコ出演:コンスタンチン・ハベンスキー    ウラジーミル・メニショフ    マリア・ポロシナ..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-04-11 23:36

『ナイト・ウォッチ』、または、『大統領のカウントダウン』
Excerpt:  前の記事のタイトルを「ロシアン・ニューウェイブ到来!」として、「ロシアン・ニューウェイブ到来!?」としなかったのは、確かにロシアン・ニューウェイブが来ているらしいと感じられるからですね。  前の記..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-04-13 19:48

[ ナイト・ウォッチ ]ヘタレ、闇の監視人
Excerpt: [ ナイト・ウォッチ ]@新宿で鑑賞。 この映画は、僕のツボにはまった。 エンターテイメント系ムービーで久々に面白さを堪能した。 この映画で、そこまで思う人もそういないと思う。
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2006-04-15 20:07

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR(2004/ロシア/監督:ティムール・ベクマンベトフ)
Excerpt: 【新宿オデヲン座】世界はかつて、光の勢力と闇の勢力との間で激戦を続け、破滅の危機にあった。やがて戦いの無益さに気付いた両者は、1000年前に休戦協定を結ぶ。以来、特殊な超能力を持つ“異種(アザーズ)”..
Weblog: のら猫の日記
Tracked: 2006-04-16 19:51

ナイト・ウォッチ−(映画:今年52本目)−
Excerpt: 監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジミール・メニショフ、 マリア・ポロシナ、ガリーナ・チューニナ 評価:65点(100..
Weblog: デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
Tracked: 2006-04-17 00:09

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
Excerpt: 製作年度 2004年 製作国 ロシア 上映時間 115分 監督 ティムール・ベクマンベトフ 原作 セルゲイ・ルキヤネンコ 脚本 ティムール・ベクマンベトフ 、レータ・カログリデ..
Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
Tracked: 2006-07-08 18:43

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR (Nochnoi Dozor)
Excerpt: 監督 ティムール・ベクマンベトフ 主演 コンスタンチン・ハベンスキー 2004年 ロシア映画 115分 ファンタジー 採点★★★ ロシアといえば、『レッド・ブル』。愚痴を聞かされているかのようなイン..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-07-17 12:53

ナイト・ウォッチ
Excerpt: 月曜日は海の日で祝日でしたが、月曜日は基本的に仕事があるので、午前中から出社。 早めに仕事を終えていたので、夕方には家に戻って夜は借りてきていたDVDを見ていました。 ナイト・ウォッチ ..
Weblog: バイヤーKENの全力疾走「商売日記」
Tracked: 2006-07-18 06:42

『ナイト・ウォッチ』’04・ロシア
Excerpt: あらすじ舞台は現代のモスクワ。“異種(アザーズ)”と呼ばれる特殊な超能力に目覚めた種族がいる。彼らは“光”と“闇”の両勢力に別れ、かつて世界は両軍の熾烈な戦争が続いていたが、彼らはお互いを監視する協定..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-09-28 00:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。