2006年04月09日

プロデューサーズ

producers.jpgプロデューサーズ【THE PRODUCERS】
○2005年アメリカ/134min/SPE/公開2006/04/08
○ミュージカル/コメディ
○personal preference■■■■□□

○イントロダクション
1959年のブロードウェイ、落目のプロデューサー、マックスとプロデューサーにあこがれていた会計士、レオ。ショーが大失敗すればプロデューサーの手元に金が残るカラクリを発見し、大失敗確実のミュージカル作りに奔走するが、思惑とは裏腹にショーは大成功…○ミュージカルでなければ、こてこてのコメディー(笑)。でも、ミュージカルだからこそ面白い、”こてこて”さが楽しめました。
主演のマックスこと、ネイサン・レインのセンスはなかなかだけど、 ヒトラーの信奉者で、このコメディーの中の脚本家(リーブキン)を演じるウィル・フェレル【Will Ferrell】が、特に面白かったです。

Will Ferrell.jpgユニークなものに夢中になってる人って言うのは独自の世界観を持っていて、いわゆる”変人”として映りますが、そんな変人さをとてもコミカルに演じていました。ドイツの歌を歌ってる時の彼の姿は最高に面白かったですよ。彼が、ニコール・キッドマンと組んで演じた『奥さまは魔女(2005)』 のダーリン(ジャック)とは思えない(笑)

それと、このコメディーの中のゲイの演出家(ロジャー)をやっていた ゲイリー・ビーチ【Gary Beach】も楽しかった。大失敗をさせるべく選らばれた劇中のショー、 「春の日のヒットラー」成功してしまう鍵を握る役ですが、母性本能をくすぐりそうな「柔和なあの笑顔」、なかなか難しいと思うのですが、ヒトラーの硬いイメージとのギャップで、観客(劇中と映画を観ている観客両方)のほんわかした笑いを誘ったところでは、こちらも思わずニンマリ(笑)”うまい! ”と拍手をしたくなるシーンでした。

マドンナ的役で出演していたユマ・サーマン【Uma Thurman】も、頑張っていましたが(とても体が柔らかいのにはビックリ)本当はとっても”したたかな ”スウェーデン女性、ウーラ役。彼女の”したたかさ”をもっと感じさせるような演出にしたら、もっと面白くなったはず。

このことは、この映画全体にいえることだと思うのですが、自分の好み度(personal preference)が6分の4なのもそのあたり。
全体的に、”毒”がたりなかったところが、おしいなぁと思ってます。10分や15分のコントならまだしも、134minという時間の中にはもっとドラマ性がないと映画の中に入っていけないところがありますよね。

コメディは、強烈な毒を笑い飛ばす楽しさがあって面白さも倍増すると思うのですが、ウィル・フェレル【Will Ferrell】が特に面白かったのは、この映画のなかで、唯一ヒトラーという強烈な”毒”を変人的に信奉する人をコミカルに演じたところ。

ウーラの毒、プロデューサーの毒、演出家の毒、をもっと突っ込んでみたらより笑えたのかもしれないなどと、一人前のようなことを語っております(汗)

個人的にもっと残念なのは、きっとブロード・ウェイのミュージカルをよく知ってれば笑えるシーンが沢山あったんだろうなぁと言うところ。実際のブロード・ウェイの劇場やショーの題をもじった会話や画像も散りばめられていましかたらね。

まあ、色んなコトを言ってますが、あっという間に時間が過ぎたので結構楽しんだのは事実なんです(笑)

それと、この映画は エンドロールの最後まで きちんとみましょう。

え?”Get out!”
はい、了解(笑)

・・・最後まで見た人にだけわかる終わり方で失礼しました(汗)・・・


スタッフ&キャスト

監督:スーザン・ストローマン Susan Stroman
製作:メル・ブルックス Mel Brooks
   ジョナサン・サンガー Jonathan Sanger
脚本:メル・ブルックス Mel Brooks
   トーマス・ミーハン Thomas Meehan
撮影:ジョン・ベイリー John Bailey
   チャールズ・ミンスキー Charles Minsky
プロダクションデザイン:マーク・フリードバーグ Mark Friedberg
衣装デザイン:ウィリアム・アイヴィ・ロング William Ivey Long
編集:スティーヴン・ワイズバーグ Steven Weisberg
振付:スーザン・ストローマン Susan Stroman
作詞作曲:メル・ブルックス Mel Brooks
 
出演:ネイサン・レイン Nathan Lane マックス・ビアリストック
   マシュー・ブロデリック Matthew Broderick レオ・ブルーム
   ユマ・サーマン Uma Thurman ウーラ
   ウィル・フェレル Will Ferrell フランツ・リーブキン
   ロジャー・バート Roger Bart カルメン・ギア
   ゲイリー・ビーチ Gary Beach ロジャー・デ・ブリー
   アンドレア・マーティン Andrea Martin
   デブラ・モンク Debra Monk


posted by J.T. at 10:07| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(30) | 鑑賞した映画2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
TBありがとうございました。
こてこての強烈キャラたちがツボに入って楽しかったです。
ウーラってちょっと「おバカ」入っているキャラだと思うのですが、ユマが演じるとあまりおバカには見えなかったですね〜。
でもあのゴージャスさにはひれ伏したくなりました。
ホンモノも見てみたいな〜。
Posted by ミチ at 2006年04月09日 15:56
ミチさん。

こんにちはー
そうでなんす。
もしかしたら本物のミュージカルの迫力を感じないと本当のよさがわからないのかもしれませんね。
それにしても、ユマを始め迫力ある女性ダンサーばかりでした。
演出家のゲイ軍団も面白かったし、なんといってもウィル・フェレルとの屋上の契約のシーンがバカ受けでしたよ(笑)
Posted by J.T. at 2006年04月09日 17:43
こんばんは〜。私も、もっとブロードウェイを知っていたら面白かっただろうなって思いました。
題名のパロディは何となくわかったんですが^^)
それ以外にもきっと、通の人たちにはわかるだろうというようなところがあったのではないかと。
豪華なショーを楽しみ、そのショービズの裏側を楽しみって感じの映画でしたね。
そして、それぞれ役者さんたちの芸を楽しませてもらいました。
ストーリーはそこそこって感じかな(笑)
Posted by ぷちてん at 2006年04月11日 19:21
ぷちてん さん。

ほんとですね〜
私は、ミュージカル映画大好きなので、そこそこ楽しめたのですが、
読みきれないメッセージが沢山あったんだろうなぁと思いました。
次のミュージカル映画は「レント」を楽しみにしています。
劇中のどの部分で「Seasons Of Love 」が聴けるのか楽しみです♪
Posted by J.T. at 2006年04月11日 22:44
こんにちは。もうご覧になったのですね〜
私は舞台はみたことがありますが・・キャスティングが気になっていて時間が出来たら観に行きたいのですが・・最近多忙で映画館へいけず・・悲しい限り。映画がみたいーーー病を、J.T.さんのブログで楽しませて頂いてます。
Posted by masami at 2006年04月14日 08:19
masamiさん。

そうですかー舞台をご覧になったんですね。
映画のほうは(と言っても映画しかみてないのですが 笑)明るい感じに仕上がってました。ウーラ(ユマ・サーマン)は色気より迫力がありましたが…
映画渇望症のようですね〜
BLOGみてくれてありがとうございます。
私もmasamiさんのBLOGで紹介される映画を楽しみにしています!
Posted by J.T. at 2006年04月15日 22:37
こんばんは。今日やっと見てきました。これがホントのエンタテイメントですね。おっしゃるとおり、「毒」がすごい。英語もっと分かったら毒ももっと分かったのかなあ・・・(哀)などと思って記事を拝見してました。
ミュージカルそのものも見てみたくなりました。
TBさせてくださいね〜
Posted by カオリ at 2006年05月16日 22:24
カオリさん。

ほんとエンタテイメントです。
ところで、毎年思うのですが、この間のオスカーの授賞式のジョン・スチュワートの司会や進行の中で出てくるクリップ映像は、ここまでやるかって言うくらいスターや作品をこけ落としてましたね。
これは根っこのところで、頂点を極めたスターや作品をリスペクトしてるから成立することなののですが、そのあたりの割り切り方がアメリカのショービズ世界の感覚の凄いところだと思います。

ミュージカルを製作するプロデューサーに敬意を表するからこそ、成立する”プロデューサーこけ落しミュージカル”そこが、この作品がうけた理由なのかもしれませんねー
Posted by J.T. at 2006年05月17日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

The PRODUCERS
Excerpt: ついに公開日がやってきましたね〜★☆★☆
Weblog: And This Is Not Elf Land
Tracked: 2006-04-09 10:27

映画のご紹介(117) プロデューサーズ
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(117) プロデューサーズ-ミュージカル映画好きじゃない人にも お薦めします。 ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-04-09 11:05

プロデューサーズ / The Producers
Excerpt: {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakir..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-04-09 12:00

『プロデューサーズ』
Excerpt: CAST:ネイザン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン他 トニー賞12部門授賞のブロードウェイ・ミュージカル作品の映画化。 かつてブロードウェイの王様と言われた演劇プロデューサ..
Weblog: *Sweet Days*  ~movie,music and etc...~
Tracked: 2006-04-09 13:17

The Producers(2005,U.S.)
Excerpt: 1968年にも映画化されているアメリカの喜劇王Mel Brooksによる傑作コメディ・ミュージカルのリメイク版だそうです。1968年の作品を私は知りませんが…。 The Producers 落ち目の..
Weblog: The Final Frontier
Tracked: 2006-04-09 14:37

プロデューサーズ
Excerpt: 悪趣味で品が無い人達の,人生という名のショウ。 耳と体でノリノリ映画体験♪
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-04-09 14:56

映画「プロデューサーズ」
Excerpt: 映画館にて「プロデューサーズ」★★★★ これぞまさにエンタテインメント! ブロードウェイでミュージカルを見る機会がない者にとって、この映画はまるで本当の舞台を見ているような気分にさせてくれた。舞台を..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-04-09 15:54

プロデューサーズ
Excerpt: <最低>のはずが、<最高>の傑作に―   それはブロードウェイの神様のイタズラ。 詳細はコチラのオフィシャルサイトにてプロデューサーズ◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆..
Weblog: 夢見る小悪魔
Tracked: 2006-04-09 23:34

プロデューサーズ
Excerpt: 《プロデューサーズ》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - THE PROD
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2006-04-10 20:34

プロデューサーズ
Excerpt: 予備知識がないまま観るのが最良と ぶっつけで観たのがよかったのか。
Weblog: メインスタンドは芝生席
Tracked: 2006-04-10 20:55

プロデューサーズ
Excerpt: ☆プロデューサーズ☆(2005)スーザン・ストローマン監督メル・ブルックス脚本ネイサン・レイン・・・・・・・・マックスマシュー・ブロデリック・・・・・レオユマ・サーマン・・・・・・・・・ウーラウィル・..
Weblog: ぷち てんてん
Tracked: 2006-04-11 19:28

プロデューサーズ
Excerpt:                   評価:★7点 監督:スーザン・ストローマン  主..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-04-11 21:19

映画館「プロデューサーズ」
Excerpt: マシュー・ブロデリック、懐かしいなぁ??!青春アイドル、その後はサラ・ジェシカ・パーカーの旦那って感じだったけど、コレで完全復活かしら??!? まさに、エンターテイメント!という作品でしたねぇ!..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-04-12 01:04

????????????ャ?若?泣?若?冴?
Excerpt: http://www.cinematopics.com/cinema/works
Weblog: ??帥?帥?????
Tracked: 2006-04-12 23:57

『プロデューサーズ』 2006・4・9に観ました
Excerpt: 『プロデューサーズ』   公式HPはこちら ●あらすじ 1959年、ニューヨーク。ブロードウェイで、今やすっかり落ち目のプロデューサーのマックス(ネイサン・レイン)小心者だけど夢はブロード..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-04-14 13:40

バッド・テイスト@プロデューサーズ
Excerpt: なんだか、おもしろいんだかつまらないんだかよく分からない映画である。 思い切って「つまんねー」と言ってしまっていい気もしないでもない。 ただこれだけは断言しよう。 『プロデューサーズ』はゲテモノ..
Weblog: 憔悴報告
Tracked: 2006-04-15 14:53

『プロデューサーズ』
Excerpt: タップにキック。 ステッ・ステップ、ジャンプにターン。 とにかくとにかく、踊り踊られ、踊りだしたら止まらない。 そして、歌って歌って、歌いだしたら止まらない。 愉快で、ハチャメチャなミュージカルコ..
Weblog: Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐
Tracked: 2006-04-15 21:33

プロデューサーズ(映画館)
Excerpt: のはずが、の傑作に―――  それはブロードウェイの神様のイタズラ。 CAST:ネイサン・レイン/マシュー・ブロデリック/ユマ・サーマン/ウィル・フェレル/ロジャー・バート 他 ■アメリカ産 134分 ..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-04-16 14:47

「プロデューサーズ」下品で贅沢で見た目勝負の笑いの舞台
Excerpt: 「プロデューサーズ」★★★★ ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック主演 スーザン・ストローマン 監督、2005年アメリカ ブロードウェイ・ミュージカルを 実際には見たことはないが 度..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-04-16 23:33

プロデューサーズ
Excerpt: ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリックを誰だかよく知らないで見に行ったのだが 特別、顔も良い訳でもなくオジサンと中年(?)のコンビだが本当に面白い。 主役のネイサン・レインは、濃いキャラクターたちの..
Weblog: ブログ:映画ネット☆ログシアター
Tracked: 2006-04-19 10:37

★プロデューサーズ@品川プリンスシネマ:4/19 Wed.
Excerpt: 映画鑑賞が趣味になってからまだ1年も経っていない私は、自分が見る映画はほとんどのジャンルが未だに新鮮に映る。 『ハリー・ポッター』を見てはCGが作り出したファンタジーの世界にウットリし、『プロミス』を..
Weblog: 映画とアートで☆ひとやすみひと休み
Tracked: 2006-04-20 13:38

プロデューサーズ
Excerpt: それより何より、本当に「楽しかった」。 面白かった、と言うのともちょっと違う。「楽しい」のだよ!これに尽きる。 こんなに楽しめた映画は本当に久しぶり。 しかも王道で、古き良きアメリカのミュージカ..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2006-04-21 06:28

Keep It Gay!:映画「プロデューサーズ」雑感
Excerpt: 今日公開の映画「プロデューサーズ」を、朝一から見てきました。 今回は初日・しかも朝9時とかからだったんで、映画館はガラガラ。 そのおかげで作品の出来に少し不安を感じましたが、見てみると全くそんなこ..
Weblog: 太郎日記’79J
Tracked: 2006-04-22 00:02

映画「プロデューサーズ」
Excerpt: 原題:The Producers 華やかなブロードウェイのイメージに、悲哀に満ちたプロデューサーと虐げられた会計士が出会い、優しくて楽しいハッピーエンドの幕が上がる。 We can..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-04-22 19:59

【劇場映画】 プロデューサーズ
Excerpt: ≪ストーリー≫ 最低のミュージカルをプロデュースせよ!?1959年のニューヨーク。落ちぶれた大物演劇プロデューサー、マックスの事務所に会計士のレオが訪れた。帳簿を調べたレオが、ショウがこけたほうがお..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2006-04-25 23:43

プロデューサーズ
Excerpt: 本日二本目そしてこの映画は2回目の鑑賞です。前回は睡眠不足のために面白さよりも怒りが先行したのですが、万全の体調で見るとやはり面白かったです。特にゲイのヒトラーにやられました。 アカデミー賞に輝..
Weblog: Alice in the Theater
Tracked: 2006-05-11 12:52

プロデューサーズ(05・米)
Excerpt: 「本作品は、エンドロールが終ってからも映像がありますのでご注意ください」そ、そうですか、映画館のスタッフさん、ご丁寧にどうも・・・ ? と、言うことで始まった映画はまさに「これがショービジ..
Weblog: no movie no life
Tracked: 2006-05-16 22:40

プロデューサーズ
Excerpt: 映画は結構見てたんですが、更新することができなくて^^; 先月見た映画ですが、書こうかと思います。 ストーリーは・・・。    1959年、ニューヨーク。    マックスは、以前ブロー..
Weblog: PLANET OF THE BLUE
Tracked: 2006-05-25 02:08

プロデューサーズ (The Producers)
Excerpt: 監督 スーザン・ストローマン 主演 ネイサン・レイン 2005年 アメリカ映画 134分 ミュージカル 採点★★★ 野球や格闘技などのスポーツにしろ、コンサートにしろ、生で見るのが一番面白い。テレビ..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-10-21 10:33

プロデューサーズ−(映画:2006年131本目)−
Excerpt: 監督:スーザン・ストローマン 主演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン  評価:86点 公式サイト (ネタバレあります) マ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-10-29 19:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。