2006年05月21日

ダ・ヴィンチ・コード

○THE DA VINCI CODE
○ミステリー/ドラマ/サスペンス[◆◆◆◆◆◇5/6]
○2006米国/150min/SPE/公開2006/05/20
THE DA VINCI CODE.jpg○イントロダクション
イエス・キリストにまつわる”最大の秘密”を守るシオン修道会。その秘密を利用し、強大な力を得ようとするキリスト教組織、オプス・デイ。
その中に巻き込まれた、ハーバード大学 宗教象徴学 教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)と、フランス司法警察 暗号解読官、ソフィー・ヌブー(オドレィ・トトゥ)
ルーブル美術館館長殺害の容疑で、ラングドン教授を執拗に追跡するフランス司法警察ベズ・ファーシュ(ジャン・レノ) 。二人は、警察から逃走しつつ、その”最大の秘密“の核心に迫ってゆく。…秘密を解読する”鍵”は、ダ・ビンチの残した暗号○感想
本を事前に読んでいたので、ミステリーが紐解かれて行く楽しさを犠牲にしたのですが、原作の長さから考えると、2時間30分という短い時間で、説明的になり過ぎず、スピード感のある面白い映画に仕上がっていたと思います。暗号解読官としてのソフィーの才女ぶりが、多少犠牲になっていましたが、本を読みながらイメージしていた映像とほぼ合致する内容だったのには感心しました。

ただ、イントロダクションを書きながら思ったのですが、原作を読んでない人は、あの映画の展開について行くのが大変だったのではないかなと…、アリンガローザ司教が何者か分からなかったでしょうし、映画の中で一応は説明していましたが、テンプル騎士団とシオン修道会の関係もちょっと分かりずらかったかもしれません。そして、ダ・ビンチ・コードの醍醐味でもある、ひとつひとつのコードの謎解き部分も、映像的な処理だけで大分端折ってましたので、疑問を持ちながらどんどん前へ進んでしまう感じがあったのではないかとも思います。
キャスティング的には、気丈で行動力があるソフィーを演じたオドレィ・トトゥのイメージがちょっと違ってましたが、トム・ハンクス、イアン・マッケラン、ポール・ベタニーはなかなか良かったのではないかと思います。

いずれにしても、ある意味キリスト教の見方が変わるのではないかと思える程の謎解き、レオナルド・ダ・ビンチの残したコードや暗号解読の楽しさ、ミステリーサスペンスとしての展開の面白さなどなど、素晴らしい原作が損なわれなかったのが嬉しいです。
監督のロン・ハワードの力量もさることながら、たぶん公開までの調整が大変だったのではないかと思える製作・配給の見えない努力もあったのだと思います。
はじめから世界市場を相手にする大作は、膨大な制作費・宣伝費を回収するために、商業的な大成功も必至。成功のキーワードは”聖杯” 、しかも、インディ・ジョーンズの中でナチスが求めた、笑って許せるような聖杯ではないのですから、どの国がどの位興行収入を伸ばすのか、一種のブームがどこまで拡がるのかも、映画ファンとしては楽しみのひとつです。



posted by J.T. at 18:19| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(15) | 鑑賞した映画2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
TBありがとうございました。
あの膨大な量の原作を(駆け足ではありましたが)ここまでまとめる事ができたのは監督の力量だと思います。
主役2人は原作イメージとちょっと違っていたのですが、見てみればなんとなく合ってくるから不思議なものですね。
Posted by ミチ at 2006年05月21日 21:06
見た直後は、そんなに酷評されるほどひどくない、そこそこ面白いといえる映画だと思いました^^)
あきずにラストまで見れましたし(笑)

あとから考えると、確かに少しでも原作を知っていたほうが、わかりやすいんですね。
私も、登場人物の背景などを理解していたから疑問も持たずについていけたのかもしれません。

謎解きは時間の都合で、どうしても次々と見せ付ける事になってしまいますね〜。
観客も、自分で推理したいのに画面を追うのに精一杯という感じですね。

これって、もっと時間を置いて映画にしたら制約が少なくて娯楽作品になったかも・・なんて思っちゃったんですけどどうでしょうね〜。
Posted by ぷちてん at 2006年05月21日 21:11
ミチさん。

ほんと、ロン・ハワード監督はよくまとめてくれたと思います。
それと、おっしゃるように、私もハンクスとトトゥが、
ラングドンとソフィーを演じると聞いたときは違うような気がすると思いましたが、
結果オーライだったかも知れませんね。
Posted by J.T. at 2006年05月21日 21:25
ぷちてん さん。

ミステリーであり、サスペンスですから原作を読んでしまったら、後は原作と比較してどうだとかキャスティングはどうだとかの世界になってしまいますよね〜
そういう意味では、公式ホームページをじっくり読み込むぐらいの予備知識で望んだほうが面白かったのかもしれません。なにせ、ただ一度驚いたのが、回想シーンでの自動車の衝突場面でしたから(笑)
あとは、どこまで興行が上手く行くのか楽しみです。
Posted by J.T. at 2006年05月21日 21:32
こんにちわ。さすが観るのがはやいですね。
私はイマイチの感想でした。確かにおっしゃるようにあれだけの量をまとめたのはロン・ハワード凄いと思います。一方原作で一番面白かった謎解き部分が簡素化されていたのでこれが残念な部分かしら。けど原作と映画を比較するという、もう一つの見方の楽しみがありますよね。
Posted by claudiacardinare at 2006年05月22日 19:16
┃電柱┃_ ̄) ジィー・・・・・・

TB有難うございました♪
「ブロークバック・マウンテン」のレビューを覗き見していたら(笑) 感心してしまい ああ やっぱり 凄いなぁと TBしちゃいました^^;

原作は読まれたんですね〜〜〜流石だわ。
また 遊びにきます よ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)くぅ(^-^)ノ゛
Posted by とんちゃん at 2006年05月22日 23:48
claudiacardinare さん。

こんばんは。ほんと謎解きが簡略化されていたのは、残念に思ってます。
私は原作がとても面白かっので、どんな作り方をするのが楽しみで観にいった感じです。原作を見てから行くとストーリー展開が予定調和的になって、つまらないのですが…ほんとは、ちょっとは違う展開も期待してました。ディテイルの簡略化は仕方ないとして、危険な反動を恐れず、ほぼ原作に忠実だったことに”○”という感じです。
Posted by J.T. at 2006年05月23日 01:12
とんちゃん さん

コメントありがとう。
とんちゃんさんの記事読ませていただきました。
原作を読んでない方の印象が分かりやすく書かれていて、うんうんと頷きながら読ませて頂きました。ストーリーを追うごとのワクワク感が伝わってきましたよ。やっぱり、原作は後で読んだほうがいいかもですね。

PS
記事のこと褒めてくれてありがとう。
Posted by J.T. at 2006年05月23日 07:22
J.T.さん、こんにちは。
すごい、さすが素早いですねえ・・
私は原作を読んでいないのでTVの特集をみると
どうやら原作を読んでみにいったほうがいいかしら?と思っているところでした。
とっても参考になりました!!
Posted by masami at 2006年05月23日 09:17
masami さん。

こんばんは〜
参考になれば幸いです。
私が封切り直後に観に行くのは、真っ白な状態で観たいからかもしれません(笑)
この映画は、ほんと、できれば原作を読む前に見たほうがいいと思います。それにしても、この時期観たい映画が沢山あって時間がもっとほしい〜。
Posted by J.T. at 2006年05月23日 22:22
こんにちは!
TBさせて頂きました。

私もDVDを観た感想は、巷言われているほど悪い作品だったとは思えませんでした。
原作の良さは生かしきれていないのかもしれませんが、原作未読の者には十分楽しめましたし、、、。
続編にあたるのか判りませんが、「神と悪魔」とかも企画されているとかなので、これからも期待しています。

明年も宜しくお願い致します。m(__)m
Posted by cocos at 2006年12月30日 23:50
cocos さん。こんにちは。
原作を先に読むのか、後にするのかいつも迷いますが、基本的に後から読むことにしています(原作が読みたくなる作品だけですが 笑)。
はからずも、この作品は先に読んでしまったのですが、読んでなかったらもっとワクワクしながら見られたのかなぁとも思いましたよ。

>明年も宜しくお願い致します。m(__)m

こちらこそ、ヨロシクです!
Posted by J.T. at 2006年12月31日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ダ・ヴィンチ・コード』
Excerpt: 監督:ロン・ハワード CAST:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニー フランスに滞在していたハーバード大のラングドン教授(トム・ハンクス)は、あ..
Weblog: *Sweet Days*  ~movie,music etc...~
Tracked: 2006-05-21 18:52

映画「ダ・ヴィンチ・コード」
Excerpt: 映画館にて「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウンの同名小説の映画化。カンヌ映画祭のオープニング上映(プレス向け)で拍手がなかったなど話題をまいている大作がいよいよベールを脱いだ。 ルーブル美術館..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-05-21 21:03

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: あんまり知識を得る前に見てきちゃおうと思ってみてきました。原作は今は上・中・下の文庫本も出ているけれど、私は最初に出た単行本の上巻のみ読んでありました。中途半端かな〜と思ったんだけど、ここまで来たら映..
Weblog: ぷち てんてん
Tracked: 2006-05-21 21:12

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: 爆発のない「ナショナル・トレジャー」(笑
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-05-22 11:05

映画ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt:  今年一番の話題作とあって映画ダ・ヴィンチ・コードを観てきました。  封切直後もあってか、とにかくスクリーン数や枠(劇場ごとの)が多  かったです。内容について前評判が色々ありましたが、個人的には..
Weblog: ld_works
Tracked: 2006-05-22 12:44

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: 「ダ・ヴィンチ・コード」 2006年 米 ★★★ 本日、世界一斉同時公開!! 私の住む街も今日公開♪ ダン・ブラウンの同名世界的ベストセラーを映画化!「ダ・ヴィンチはその微笑みに何を仕組..
Weblog: とんとん亭
Tracked: 2006-05-22 23:42

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: 多くの人が『この映画は原作を読むなり、特番を観るなりして予備知識を入れていかないとキツい』という感想を持つと思う 私も全く同意見だ〜 序盤でついて行けなくなってしまう人がたくさんいるだろうと思う ..
Weblog: Cinemermaid
Tracked: 2006-05-24 17:02

映画のご紹介(134) ダヴィンチ・コード
Excerpt: http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/2d51e9d73804356cedd8f394ca880aba/30 ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-05-24 19:52

★ダ・ヴィンチ・コード@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ:5/27(土)
Excerpt: 私は映画ブログをやってはいるが、映画好きか?と聞かれたら「見るのは好き」としか答
Weblog: 映画とアートで☆ひとやすみひと休み
Tracked: 2006-05-28 22:22

『ダ・ヴィンチ・コード』
Excerpt: ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。 ■監督 ロン・ハワード■脚本 アキヴァ・ゴールズマン■原作 ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」)■キャスト トム・ハンクス、オドレイ・トト..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-06-03 23:54

ダヴィンチ・コード
Excerpt: THE DAVINCI CODE 世界中で大論争を巻き起こしていると噂のダヴィンチ・コード。 原作本にもキリストにも興味はないが、映画は楽しみだったので観てきました。 サスペンス作品としては面白いし..
Weblog: 映画とCINEMAとムービー
Tracked: 2006-06-11 20:14

映画「ダ・ヴィンチ・コード」
Excerpt: 原題:The Da Vinci Code イエス・キリストは、人間なのか神なのか、という宗教的な論争には興味もないが、この地球上で最も布教が進み最も多くの信者がいるのも事実だ。 物..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-06-28 01:51

■原作■ダ・ヴィンチ・コード:ダン・ブラウン著(越前敏弥訳)
Excerpt: やっと読み終わった、『ダ・ヴィンチ・コード』の原作。長かった…。映画を見た時のダ
Weblog: 映画とアートで☆ひとやすみひと休み
Tracked: 2006-07-03 16:39

order ferrlecit without prescription
Excerpt: ダ・ヴィンチ・コード
Weblog: order ferrlecit without prescription
Tracked: 2006-12-09 11:16

● ダヴィンチ・コード ●
Excerpt: ▼キリストにまつわる謎▼ 2006年の話題作「ダ・ヴィンチ・コード」のDVDを
Weblog: MOVIE
Tracked: 2006-12-30 20:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。