2006年09月18日

パトリス・ルコントのDOGORA

○DOGORA - OUVRONS LES YEUX
○音楽/ドキュメンタリー
○2004フランス/75min/アルバトロス・フィルム/公開2006/08/26
dogora.jpg
最新作、親密すぎるうちあけ話 (2004)と同じ年、 パトリス・ルコント監督が、深い感銘を受けた楽曲”DOGORA”に乗せて、カンボジアの日常の風景が延々と映し出される作品です。
ほんと、はじめにひとこと言葉があった以外は、延々とです。

この作品、個々人の物語については語られることはなく、どちらかといえば、貧困の中にあるカンボジアの人々全体を描いているともいえなくもありません。作品はあくまでも淡々とその姿を映し出しているだけです。

音楽の効果?なのか、時々遠のく意識を覚醒させながら見ていたのですが(笑)、半分ほど見た段階で、これは映画ではなくて、写真をスライド方式で見せる写真展のような気がしてきました。動画ではあるけど、ひとつひとつのショットは、まさに報道写真から受けるようなインパクトがあります。
貧困の果て、ごみ山でリサイクルできるゴミを一日中集めている子供たち、スラム街の中の子供たち、ストリートチルドレン、物売りなどなど、映し出されるのは子供たちが中心ですが、シクロの運転手の、心を失ったような目が忘れられません。そして、クローズアップされる子供たちの目にも、その片鱗がみえるのです。ただ、遊んでる時だけは、子供達の目に一瞬、生命力が宿るように写ったのは私だけでしょうか…。
カンボジアの内情がこれほどまでとは思わなかったのですが、最貧困層の割合は国民全体の34%とのこと。児童労働、児童売春、障害児、孤児/捨て子、戦禍の子ども…子供達を取り囲む問題は山済みのようです。

配給元のアルバトロス・フィルムの紹介記事には”生命のパワーに満ち溢れてる”とありますが、受け止め方の違いでしょう、私には、本来持ってる”生命のパワーがはぎ落とされそうな”子供達という風に写りました。

個々に入り込まず何が起こってるのかを映し出し感じさせる。ルコント風のカンボジア最貧困層ドキュメンタリーなのかもしれません。
娯楽映画ではないし、ストーリーもありません。映画といえるかどうかもわかりませんので、特段お勧めしませんが、私にとってはカンボジアが気になりだした作品です。

監督: パトリス・ルコント
製作総指揮: フレデリック・ブリヨン
ジル・ルグラン
撮影: ジャン=マリー・ドルージュ
編集: ジョエル・アッシュ
音楽: エティエンヌ・ペルション

posted by J.T. at 13:09| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 鑑賞した映画2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
姪がカンボジア人と結婚して3人の子供をもうけ、アンコールワットの近くの町で楽しく暮らしていると聞いています。34%の極貧層とは。戦後の(今の北朝鮮なみの貧しさの)日本を知っている私には、さほどのショックはないかもしれませんが・・ルコントの芸術家としての鋭敏さは、そこを見過ごせなかったのでしょう。このサイケデリック(古い!)な画は素敵!!
Posted by Bianca at 2006年09月19日 10:31
なぜかしら惹かれるものがあり探しましたがこっちではDVDでも出てない様です。気長に待ちます・・・
Posted by claudiacardinare at 2006年09月19日 18:02
Bianca さん。
こんにちはー
国際結婚された姪御さんが住んでいらっしゃるんですね。私は実際に行ったことが無いのでなんとも言えないのですが、一心不乱に配給された食事を食べる子供たちの姿は、”生きるために生きる”姿であり、”活き活きと生きる”という”本来の生きる姿”として写ることはありませんでした。
戦後の日本の状況は、当時幼かった父母から聞いてはいますが、実感としては分からないというのが正直なところです。
映像が溢れてるこの時代、いろんな厳しい状態の映像を見てますが、ルコントの視点の定まった75分の映像は、何かを心に残してくれました。

今、ポスターの絵を見て確認したのですが、この”サイケ風!”の絵は、アートディレクター 柿木原政広 さんの線画に、イラストレーターの 大塚いちお さんが着彩したものだそうです。なかなかいいですよね。
Posted by J.T. at 2006年09月19日 23:02
claudiacardinare さん。
こんにちはー
この映画のDVD、記憶違いでなければ、映画館の受付で発売してたようですが…、日本で市販されるのは、12月下旬ごろのようです。
機会があったら是非見てくださいね。
claudiacardinareさんの感想を聞いてみたいです。
Posted by J.T. at 2006年09月19日 23:17
J.T.さん、こんにちは。
私もこのサイケなポスターは、好み
ですう・・
ガーデンプレイスに行ったときに
みたい!!と思いながら、時間がなくて
あきらめていたところでした。

でも、J.T.さんの感想を読ませていただいて、うーーん、やっぱりみにいきたい!!
って思ってしまいました。
「美しい人」もみたいんですよねえ・・
Posted by masami at 2006年09月26日 08:26
masami さん。
こんにちはー
ガーデンプレイスまで行かれたのに…ホント、残念でしたー
それに「美しい人」は気に入ってるだけに、是非masami さんにも見ていただきたい作品だと思ってるんですよ。
お忙しいとは思いますが、時間が取れるといいですね。
Posted by J.T. at 2006年09月26日 21:48
J.T.さん、実際に見て、主張される違和感の意味が分りました。ルコントは西洋人で、私らは東洋人だから・・・。彼は、初めて異文化に触れて、貧しさえも、エキゾティックな魅力として受け取ったんではないでしょうか。外国人観光客はよくそんな誤解をしますよね。鋭敏な感受性は、むしろJ,T,さんが持っていたのですね。また、わたしは子供時代よくあった風景を見て、懐旧の情を覚えたのも確かです。(大人の自転車に無理して乗っている子など)色々な感想があふれて、自分で記事にしようかと思いましたが、今日何故か気力がわかないので、またこちらにお邪魔しました。
Posted by Bianca at 2006年10月15日 18:59
Biancaさん、こんにちは。
レス大変遅くなりました。
なるほど、東洋人と西洋人の見え方の違い・・・納得です。”貧しさえも、エキゾチックな魅力として”というBiancaさんの言葉にはハッとさせられました。この映画、とても特殊なものでしたが観ておいて良かったと思ってます。
Posted by J.T. at 2006年11月16日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23943506
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。