2006年09月30日

キンキーブーツ

○KINKY BOOTS
○コメディ/ドラマ[◆◆◆◆◆◇5/6]
○2005/ アメリカ・イギリス/ブエナビスタ/日本公開2006/08/26
kinkyboots.jpg父の急死で、英国の田舎町ノーサンプトン(ロンドンから電車で1時間程)の靴工場を受け継いだチャーリー・プライス。再建のためにロンドンに出かけた時、あるきっかけでドラァグ・クイーン(Drag Queen)のローラと知り合い、再建のためのニッチ市場を見つける。それが、彼女?達用のブーツ(Kinky Boots)。工場の再建はなるのか?英国流のコメディ&ドラマ。

ノーサンプトンは中部イングランドにある地方都市で、高級紳士靴の工場がある”靴の聖地”だそうです。90年代に英ポンドが強くなって、海外の安い靴が流入し(映画の中でも10ヶ月しか持たないような靴が卸業者のところにたくさんありました)、斜陽産業になってしまったとのこと。この映画のチャーリーには実際のモデルがいて、まさにノーサンプトンの靴業者であるスティーブ・ベイトマン。”ブルクッス”というメーカーの”ディヴィアン”というブランドがまさに映画に出てくるキンキーブーツ(エナメルでスーパーヒールのセクシーブーツ)です。

はじめの方は、チャーリー(ジョエル・エドガートン)の、英国流? ミスター・ビーン風? はたまた、宇宙船レッド・ドワーフ号風?(笑)のコメディタッチにちょっと乗り切れず、『はずしたかなぁ』と思ったのですが、ローラー(キウェテル・イジョフォー)が出てきたら、面白くなってきて、チャーリーとローラー、ローラーと靴工場の職人達とのやり取りが、なかなかハートフルなコメディで描かれていて良かったです。とにかくドラァグ・クイーンのローラーのショーは、なかなかのもので、まずそこから引き込まれましたね。
大好きな映画”プリシラ”もドラァグ・クイーンを描いた素敵な作品ですが、彼ら3人の踊りと歌唱力はいまひとつでした。でも今回ローラーを演じたキウェテル・イジョフォーの歌唱力と存在感は、この映画の大黒柱ですし、ドラァグ・クイーンを描いた作品としてもランキングは高いのではないかと思いますよ。

映画のストーリー自体はサクセス・ストーリーで安心してみていられますし、チャーリーや田舎町の職人達のゲイに対する偏見との戦い、チャーリーとローラーが自分の運命を乗り越える成長物語といったドラマ性もしっかり持っています。はじめは『あれ?』っと思った英国風のコメディも噛めば噛むほど味がでる感じで、なかなかよかったですしね(劇場でも笑い声が絶えなかったです。後ろの英国人?は大笑いして、ちょっと騒音でしたが 苦笑)
脇役のドン(ニック・フロスト)、メル(リンダ・バセット)、ローレン(サラ=ジェーン・ボッツ)がしっかりガードしていて面白さを倍増させてました。意外とお奨めです。



監督: ジュリアン・ジャロルド
脚本: ジェフ・ディーン ティム・ファース
衣装デザイン: サミー・シェルドン
編集: エマ・E・ヒコックス
音楽: エイドリアン・ジョンストン
 
出演:ジョエル・エドガートン(チャーリー・プライス)
キウェテル・イジョフォー(ローラ)
サラ=ジェーン・ポッツ(ローレン)
ジェミマ・ルーパー(ニコラ)
リンダ・バセット(メル)
ニック・フロスト(ドン)
ユアン・フーパー(ジョージ)
タグ:映画
posted by J.T. at 13:46| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | 鑑賞した映画2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JTさん「プリシラ」をご存知とはうれしいですね!同じ Drag Queen(以後DQと略します)映画として見ると、PとKではモンブランとは高尾山位の差があると思いますよ。なるほどPは「くちパク芸人」と言う設定ですしそれもスエーデンのグループABBA専門。歌唱力は問題になりません。しかしKが、ローラー?の歌や踊りをのぞいたらどんな映画になるか・・・・想像するとおそろしいです。
Posted by Bianca at 2006年10月01日 10:49
Biancaさん。 こんにちはー
「プリシラ」大好きですよ。テレンス・スタンプ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ガイ・ピアースの3人の演技はもとより、ストーリーも良かったですよね。この映画はDQ映画としては、ベストだとおもってます。
ところで、キンキーブーツ。私もローラー抜きでは語れない映画だと思ってます。記事にも書いたように、彼女?が出てくるまでは、『はずしたかなぁ』と思ってましたから(笑)靴屋のサクセスストーリーというよりはローラの映画としてみてたと思います。たしかに心理描写や主人公の背景をきちんと描いてる訳ではないので、DQ映画という視点だけでみると物足りないかもしれませんね。
英国風のコメディに慣れるのには時間がかかりましたが、”宇宙船レッド・ドワーフ号”みたいなBBCテレビドラマは結構好きで見ていました(MR.ビーンにはちょっとついていけませんでしたが)ので、自然とではなく、頭で理解して笑ってたと思います。 キンキーブーツ、ちょっとベタな感じでしたが、娯楽映画と割り切って楽しんでみました〜
Posted by J.T. at 2006年10月01日 12:44
Merry Christmas★

これ良かったです。
今頃上映となったのですが、映画館で観て良かったです^^
Posted by とんちゃん at 2006年12月25日 23:29
とんちゃん。こんばんはー
やっぱり、映画館で見るのはいいです。
普段はパンフレットをまったく買わないのですが、これを観たときはローラー役のキウェテル・イジョフォーが気になって、買ってしまいました。

これも映画館効果?(笑)
Posted by J.T. at 2006年12月26日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24660502
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

キンキーブーツ
Excerpt:  「キンキーブーツ」というイギリス映画を見ました。主人公のチャーリーはノーサンプトンにある伝統ある靴工場の跡取り息子です。しかし、婚約者ニックがロンドンに転勤になったことを機に、チャーリーは婚約者につ..
Weblog: シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記
Tracked: 2006-10-06 01:24

「キンキーブーツ」〜セクシーでなければブーツじゃない
Excerpt:   「キンキーブーツ」オリジナル・サウンドトラック2005年イギリス監督/ジュリアン・ジャロルド出演/ジョエル・エドガートン キウェテル・イジョフォー   サラ=ジェーン・ポッツ ジェミマ・ルーパー ..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2006-10-15 22:02

キンキーブーツ
Excerpt: 「キンキーブーツ」 2006年 米/英 ★★★★★ 「キンキ・キッズ下さい」と言いそうになった^^ クリスマスなので、ちょいとHappyな映画が観たい気分だったのですが、 ..
Weblog: とんとん亭
Tracked: 2006-12-25 23:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。