2005年07月31日

観たい映画バトン

BLOGリンクさせて頂いてる、ぷちてんさんから、観たい映画バトン を頂きましたー。頂いたのは大分前なのですが、今日は久々に休みが取れましたので思いついたところを書き綴ってゆきます♪1・過去1年間で一番笑った映画

よーく、考えたら笑った映画ってあんまり無いんです。
笑えるような映画をあんまり見てないからなんでしょうね。
でも、”笑った”まで行かなくても、微笑んだ映画はありました。
それは、リチャード・ギアとジェニファー・ロペスの
shallwedancedvd1.jpgShall we Dance?
アメリカ的家族愛がちょっと・・・って思ったのもあったけど、映画館では終始微笑が耐えなかったのを覚えています。なんていうか、いくつになってもときめいたり わくわくしたり 新たなことにチャレンジして達成感を得たり、世間からみた大きさで言えば”プチ”なんですが、生きてるって実感する瞬間だよなぁって。


2・過去1年間で一番泣いた映画

cold.jpg泣いた映画かぁ。これはありそうですね。
1年よりちょっと前ですが (汗)
コールド・マウンテンでしょうか。恋が恋であり続けたドラマでした。インマン(ジュード・ロウ)とエイダ(ニコール・キッドマン)の想い想われる気持ちには妥協がなかった。世の中、恋や結婚にはある程度の打算や妥協が入るものですが、彼らのの惹かれあう気持ち…人を愛する時はそうありたいと誰もが思うんじゃないかなぁ。うん、感涙。

3・心の中の5つの映画

とても5つには収まりそうにもありませんが、今思いついた作品をつづりました。

ムーラン.jpgムーラン・ルージュ
泣いた映画のコールド・マウンテンに繋がるところがあるかもしれませんが、この映画では新感覚のミュージカル映画のとしての素晴らしさと、映画の中で歌われるユアン・マクレガーとニコール・キッドマンのラブソングのメドレーの素晴らしさに感激したのを覚えています。今でも時々観ています。



リトル.jpgリトル・ダンサー
なんといったらいいのか…そう、心の中から湧き出る魂の叫びのようなダンスへの想い。ダンスが好きで好きでたまらない少年。とってもうらやましかったですね。自分にもあれほどの情熱を傾けるものがあったらと…、そしてその情熱に魅せられて彼の想いをかなえてあげようとする大人たちの素敵な関係。
あの少年のステップが忘れられません。

ユジュアル.jpgユージュアル・サスペクツ
こちらは、尊敬すると言っても良い俳優、ケビン・スペイシーの名作。忘れもしないカイザー・ソゼ役。ストーリーはクライムサスペンスなのですが、彼の役者としての魅力にはまってしまった作品です。他にもシッピング・ニュース、光の旅人、交渉人などなど、彼の演技力にはとても魅せられます。

プリシラ.jpgプリシラ
オーストラリアの映画です。
ゲイの物語ですが、ヒューゴ・ウィーヴィング(マトリクスのエージェント・スミス)、ガイ・ピアーステレンス・スタンプと素晴らしい俳優達が演じたのですが、3人ともそれぞれに自分に与えられたサガと闘いながら真剣に生きてる姿が印象に残ってます。



ラスト.jpgラストサムライ
語る必要も無い作品ですが、生き方を教わったというか、『生きた。という実感を持てる人生を歩みたい』と思った映画でした。ニュージーランドでのロケとはいえ、あまり違和感のない日本の光景。ハリウッドにありがちな偏った日本観もなく、エンドクレジットが終わっても直ぐ席を立てなかったのを思い出します。

と、まあ。
一気に書き綴ってしまいましたが、こんな所でしょうか。
他にも心に残る作品は沢山ありますがとりあえず5作品。
最近このブログのリンク先の方に教えていただいた『死ぬまでにしたい10のこと』 『アモーレス・ペロス』 も心に残っています。

4.見たい映画
お気に入りの俳優の演技が、じっくりと堪能できる映画が見たいですね。
ジャンルにこだわらず、幅広く色んな映画を見たいです。
しっかりしたテーマがあるけどそれを押し付けるのではなくて、さり気なく表現したもの。
…ちょっと具体性がないですね (汗)
でも、見たい映画を考えるのも結構楽しい♪
機会を見てこのテーマでレビュー書いてみたいです。

ところで、どなたかにバトンを渡すのですが、
まだ、BLOGはじめたばかりなので… (汗)
時間を置いて渡す方を捜させていただきまっす。


posted by J.T. at 18:40| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 鑑賞した映画2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございます〜。
結構まとめるのって大変じゃなかったですか〜?

笑った映画って、なかなか難しかったです。
笑うとか泣くとか個人差があって、そこが読む方はおもしろいともいえますよね。
「Shall we Dance?」そうでしたね〜。ほのぼのとしたところもあったし、映画館では笑い声も出ましたし〜〜。おもしろかったですね♪

心に残る映画、どれも納得〜!♪
ユージュアル・サスペクトは、ケビン・スペイシーがもう上手かったですよね。騙されましたもん〜〜(笑)

プリシラが入っているのが嬉しいです。私もこの映画好きです♪

リトルダンサーで、『とっても羨ましい」というところで、深く頷きました。私も彼がまぶしかったですね〜。

ラストサムライは、忘れていたものを突きつけられたような気がしました。これも印象に残る映画でした。

Posted by ぷちてん at 2005年08月01日 20:01
ぷちてんさんどうも!
まとめるのというか、
まとまりませんでした〜(笑)
考えすぎると深みにはまりそうなので、
頭に浮かんだのをそのまま書いたんですよ。
見た映画の感想ばかりでなく
色んなくくりで映画をまとめてみるのも
面白いかも知れませんね。
Posted by J.T. at 2005年08月02日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

観たい映画バトン
Excerpt: 今回さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバーさんから、たすきを頂きました。さるおさんの記事は→こちらね。覗いてみてね。このバトンのスタートはこちらのshidehiraさんが企画したものなのだそうですよ。..
Weblog: ぷち てんてん
Tracked: 2005-08-01 20:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。