2005年10月09日

ステルス

stealth.jpgハッキリいって、ストーリーはハチャメチャです(笑)
ましてや、先が読みやすいし。。。
それに、どこかで見たシーンがあちらこちらにあったのも、なかなかこの映画の世界に入ってゆけなかった要因かもしれません。プロデューサーが多いのが災いしたのかな(あくまでも憶測の憶測ですが)
というわけで、映画の前半、私の意識はスクリーンの中に入って行くことができませんでした。

しかし、敢えてシネコンで見て欲しい映画だと思います。

できれば音響効果が良く、大画面のところで。
というのは、戦闘機の戦闘シーンの特撮にかなり力を入れていたからです。特に後半からの映像の迫力は、ストーリーや脚本のハチャメチャさを忘れさせてくれました。この映像を見せたくて、無理やりストーリーを作ったのではないかというぐらいで(汗)・・・・トム・クルーズの”宇宙戦争”が、そうであったように、シネコンに足を運んでバーチャル体験をする映画とでもいったらよいのかもしれません・・・

そうそう、ディズニー・シーの”ストームライダー”に乗った時の感覚に似てるかもしれませんね。もちろん、シネコンの座席は動きませんが(笑)

「普通の人は絶対に体験できそうもないリアルな体験」が出来る映画を、仮に”バーチャル・リアリティ・フィルム”とでも名づけたら、この映画はまさにそれでしょうね。

あ、それと一言
ジェイミー・フォックスの使い方が残念
ジェシカ・ビールが一番存在感があったかも。。。。。




posted by J.T. at 02:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞した映画2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。